世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資信託 > SBI証券 Archive

SBI証券 Archive

だんだんわかってきたETFと裁定取引

もやもやしていたETFの乖離率と基準価格と市場価格の関係ですが、だんだんわかってきた。

日本証券新聞のサイトによると

ETFの値動きは、目標とする指数に連動しますが、まったく同一に推移するわけではありません。それは、ETFの価格が2つ存在することと関係しています。

ETFの価格には、取引時間中の「市場価格」と、一般的な投資信託と同様、取引所で一日の取引が終了した後に算出される「基準価額」があります。

TOPIX連動型ETFの場合、TOPIX組入銘柄をそっくり真似て運用するため、基本的には両者の資産価値がブレることはなく、「基準価額」はほぼ同一に推移すると言えます。

一方、取引時間中にそのETFを買いたい人と売りたい人のバランスで決まる「市場価格」は非常に流動的。買いたい人が多いと「市場価格」は「基準価額」より高くなり、売りたい人が多いと「基準価額」より低くなってしまいます。

そんな2つの価格のカイ離を解消するのが「裁定取引」。価格差のある類似商品のうち割安な方を買い、割高な方を売ることで、リスクなしに収益を確定させる取引です。

ETFは数十億円以上の超大口投資家に限り、市場を通さず運用会社が直接、解約に応じます。もし、「市場価格」が「基準価額」より低ければ、大口投資家は市場でETFを購入、その後、運用会社で解約するだけで利益を得ることができる――という具合に、2つの価格は自然と収縮するしくみになっています。

なるほど金持ちは乖離率を利用して利益をあげられるのかぁ。市場価格と基準価格の差額で利益をえられる。そうすると、乖離率が小さくなる。なるほど。わかった!

ETFと乖離率と裁定取引

ETFの仕組みがよくわからないので調べている裁定取引なるものがあることが判明

裁定取引とは、2つの投資対象の価格差を利用して利益を得ることを狙う取引のことで、ETFの【基準価額の理論値】と【取引価格】の間でも活発な裁定取引が行なわれています。
| 裁定取引の開始 |
例えば、ETF(株価指数連動型)の【取引価格】が、その時点で計算された【基準価額の理論値(※)】よりも下回っていたとします。
この時点で【基準価額の理論値】に比べて割安なETFを市場で買い付け、ETFが組み入れる現物株バスケットに相当する現物株を売却します。
※その時点の対象株価指数構成銘柄の株価や株価指数の値から計算される推定値
| 裁定取引の解消 |
その後、割安だったETFの【取引価格】が上昇するなど【基準価額の理論値】との差が縮小した時点で、ETFを市場で売却します。そして一方の現物株を買い戻します。これで収益が確定します。
指定参加者や機関投資家などの場合、ETFから株式を引き出し(交換)、引き出した株式を引き渡して現物株式の取引を決済することも可能です。この場合、ETFというパッケージ入りの株式を実勢価格(評価額)よりも安く買って、実勢価格で売却したことになります。
これらの取引が行なわれるとETFの【取引

けどだからどうなんだろう。裁定取引はいつ誰がどんな基準でやるのだろう?

ETFのことがよくわからない

ETFに関してよくわからない。

投資信託のように基準価格はあるものの、結局購入時の価格は市場で取引されている価格で決まる。

すわなち、基準価格が高くても、大きく異なった価格で売買されている場合もある。

売る場合もそうで、基準価格に左右されず市場がきめる価格での取引になる。

そうなると基準価格とは自分にとってどういうことを意味するのだろう?

あるサイトには市場での取引価格は基準価格に近づくということが書いてあったが、なぜそういえるのか?

株式市場ではかならずしも業績のよい会社の株価が高いわけではない。

業績がよくても下がることもある。

ETFはむずかしい。

Index of all entries

世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資信託 > SBI証券 Archive

Search
Feeds

Return to page top