世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 世界の株価 > インド経済 Archive

インド経済 Archive


インドBSE SENSEX市場 1日の推移

インドBSE SENSEX市場 5日間の推移

インドBSE SENSEX市場 3ヶ月間の推移

インドBSE SENSEX市場 1年間の推移

ブラジル・ロシア・インドの投資信託はいまが買い?

SBI証券から以下の様なメールがきた。アメリカの格付け問題も含めて一気に下がってしまったいまがブラジル・ロシア・中国・インドに投資するチャンスかもしれないとのこと。しかし、投資しようにもアグラの破産で現金の持ち合わせがないのでどうしようもない。

  欧米の政府債務問題を懸念して世界の株式市場が動揺し
  ています。3年前のリーマン・ショックを思い出してい
  る方も多いのではないでしょうか。

  思えば、欧米主要国の債務がこれほど膨らんだのは、リ
  ーマン・ショックが原因です。住宅部門を中心に膨れ上
  がった金融バブルの崩壊で危機に瀕した経済と金融機関
  を救済するために、政府が巨額の財政支出と民間債務の
  肩代わりをした結果だからです。

  従って、市場が最も懸念する問題は主要先進国にあるわ
  けで、新興国であるBRICs諸国には、そのような深
  刻な政府債務問題が心配されているわけではありません。
  そもそも債務問題というのは、経済成長が著しい国にと
  っては比較的対処しやすい問題であり、成長が鈍化した
  国にとってより深刻なものです。

  ところが今回の「債務ショック」で、BRICsの株価
  も大きく下落しています。なかでも中国、ブラジル、イ
  ンドの調整の度合いが大きいようです。

  主要国株式市場の調整度合い
  http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/fund_comment_110809_01.html

  BRICsの株価が下げているのは、もちろん先進国の
  株価につられて下げているという側面もあるかと思いま
  すが、新興国特有の悩みを抱えているのも確かです。
  それはインフレです。

  インフレを抑えるために、中国、インド、ブラジル各国
  とも長らく利上げを続けてきました。株価の急落は、
 「これ以上利上げを続けると先行きの景気が心配だ」と
  いう市場の警告という見方もできます。また世界の不安
  な情勢を見ても、「まだまだ利上げが続く」とはそろそ
  ろいえなくなってきているかもしれません。

  中国、インド、ブラジルの政策金利と株価
  http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/fund_comment_110809_02.html

  新興国が苦心するインフレ抑制は確かに厄介な問題です
  が、経済が成長しているからこそでもあり、先進国の抱
  える債務問題に比べれば、ある意味「ぜいたく」な悩み
  に見えます。利上げで一時的にブレーキがかかることが
  あるかもしれませんが、これら3国の中期的な経済成長
  見通しが大きく変わることは考えにくいのではないでしょ
  うか。

  中国、インド、ブラジルの名目GDP:実績とIMF予想
  http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/fund_comment_110809_03.html

  振り返れば、リーマン・ショック後の世界同時不況・同
  時株安からいち早く立ち直ったのはBRICsをはじめ
  とする新興国でした。その主因は、問題の根因が先進国
  にあったことだと思われます。

  その意味で今回のショックも基本的な構図は同じで、市
  場に咎められているのは先進国です。今回の世界同時株
  安を投資のチャンスとお考えの方、まずはBRICs
 (中でも中国、インド、ブラジル)に注目してみてはいか
  がでしょうか?

  運用実績からみて評価できる中国、インド、ブラジル株式投信
  http://search.sbisec.co.jp/v3/ex/fund_comment_110809_04.html

最近のインドの経済・株価動向

中国とともに食料をたらふく食べる人間の多い国インド。内需が期待できる国だが、ここ数ヶ月はパットしない印象。

新興国の例にもれずインドでも先月0.5%の利上げがあったが、まだこの利上げの流れはしばらく続くだろう。

ただし、インドだけではなくインフレ懸念が強いアジアは全体として利上げ基調が続きそうです。一方で、嬉しい情報としては、これまでの金融引き締め効果により景気減速感も出て来そうで、インフレ懸念もやや後退する可能性があるとのこと。さてどうやら。

インド・中国とがんばってくれないとアメリカがパットしない中、世界経済のトレンド形成に重要な役割をしているので。

好調なインドのGDP

インド政府は、2010年度(2010年4月~2011年3月)の経済成長率を年率+8.6%と予想しており、これは2009年度(2009年4月~2010年3月)の年率+8%を上回ります。まさにすごい値です。日本なんて比べる事もできないほどの値です。さらに、2011年度(2011年4月~2012年3月)の成長率については年率+9%(±0.25%)と市場を上回る見通しを示しました。全くすごい!!

これらは、今後もモンスーン時の雨量不足や商品価格(特に原油)の高騰、先進国の景気動向などの影響を受けることが予測されますが、高水準の国内貯蓄率と総資本形成(30~35%程)や、労働者の生産性および技術の向上などがインド経済を下支えしていくことは間違いない。

インドのインフレと財政赤字

インドのインフレについて
インド政府は、2011年度の名目GDP成長率を年率+14%程度と予想しており、実質GDP成長率が年率+9%程度と想定されていることから、インフレ率は年率+5%程度を見込んでいることになります。したがって、今後インフレ率は、現在の水準に比べ、大幅に低下すると予測されています。冬の農作物の収穫が良好であるとみられていることや、インド準備銀行(RBI)が金融引締めを行うに当たり注視しているコア・インフレ率の最近の推移などが、2011年度のインフレ率が低下すると予測される理由です。このため、今後
の更なる国債利回りや金利の上昇は、ある程度限定的なものとなると予想されます。


インドの財政赤字について
インド政府は、財政赤字の削減にも意欲的です。政府は2010年度の財政赤字を対GDPで5.1%と予測しています。(これは2010年5~6月に行われた第3世代(3G)携帯電話サービスの入札時の歳入1兆インド・ルピーも含まれます。) 政府は財政赤字を徐々に削減する目標を掲げており、2011年度は対GDPで4.6%、2012年度は同4.1%、2013年度は同3.5%と計画しています。今回、政府は2011年度の資金調達額を市場予想よりも少ない3兆4,300億インド・ルピーとする目標を掲げており、これは国債利回りの低下にもつながると考えられます。

インドの株価とエジプト情勢の沈静化

世界の株式市場に影響を与えたブラジル情勢もなんとなく沈静化したかなぁという感じになった。当然期待されるのは、いったん下落した株式市場の上昇。インドのSENSEX指数は、前の週からなんと5営業日続けてあげた後に利益確定のために反落。

特にインドの銀行関連が4.9%の上げ。とインドの株価を引っ張った。

ボンペイが落ち着いたことで、その流れが各国の株式市場に伝播してくれれば、ブラジルの株価もしっかりするだろうと予想している。

インドの株価の今週の動きはどうなるだろうか?

インドSENSEX指数の動きは大丈夫?

インド株式s場のSENSEX指数の動きに注目すると、先週は2月11日に17728をつけた。前週末の値からは-1.6%という値。下落幅としては少しだが、どうなのだろうか?

一方でロシアの最近の動きには目を見張るものがある。インドの株価は週明けの7日に一旦上昇した。その後3日間連続で下落。ブラジルもそうだけど、経済が順調な一方での株価の下落の背景には、政府によるインフレ抑制措置の発動に対する投資家の懸念が背景にあることは間違いない。一方で、4日になると割安感のでた金融関連株に買いが入ってすこし上昇したが、それでも結局前週比でマイナスとなってしまった。

インドボンベイ証券取引所の業種別騰落率を見てみると、銀行がプラスマイナス0であったのににたいして、耐久消費財は7%近くの下落。業種間に明確な差がでるという結果になった。

さて来週のインドの株式市場はどうなるのか?

インドの今後の株価

2011年のインド株式市場は、金利先高観が強まっていることに加え、国内外の諸問題に直面していることもあり、短期的には不安定な値動きが続く可能性があると見ています。しかし、主要企業の2010年10-12月期決算では、純利益が市場予想を上回るケースが目立つこと、またIT関連企業の主要受注先である先進国の企業業績が改善傾向にあることが、株価の下支え要因になるものと見ています。また、この先、中国が金融引き締めを継続し、それによりコモディティー価格が調整すれば、インド市場にはプラスの影響をもたらすと考えます。インド経済が長期的に力強い成長を続けるとの当社見通しに変わりはなく、インド株式市場に対する強気見通しを維持します。

というのがHSBCのインドの株価に対する見方のようです。

インドの株価も大きく下落中

インド関連の投資はしていないので、最近はそれほど気にしていなかった(ブラジルは大変だけど)が、なんと、1月のインドの株価の下落率は10%を越えたらしい。これは、インド経済は拡大基調を維持している一方でインフレがさらに加速し、食料品価格の上昇は、一部生鮮野菜の価格高騰を通じて政治問題となる可能性すら出てきている。

経済が拡大する一方でインフレも進行するというのはブラジルも似ている。

インド経済は拡大基調を維持している一方、インフレが加速しています。シン首相も4日(金)、「インフレは経済成長の勢いに対する深刻な脅威」と発言しています。このため、需要サイドに起因するインフレ圧力が高まっていることが、物価押し上げ要因の一つとなっています。また、原材料コストが上昇傾向にあること、熟練労働者の確保が難しくなっていること、設備稼働率が適正水準を上回っている企業が増えていることなどから、供給サイドに起因するインフレ圧力も高まっていると見られている。
インフレ率(WPI、前年同月比)は、10 月の+9.1%から11 月は+7.5%へ減速したものの、12 月は+8.4%と再加速しました。これはWPI 構成要素の比重の高い食料品価格が、11 月の+9.4%から+13.6%に上昇したことが大きく影響していると見られます。また、直近1 月22 日基準週の食料品インフレ率(WPI、前年比)は+17.1%と依然として高水準であることが確認されています。

インドの0.25%利上げについて

インドの中央銀行は1月25日に0.25%の利上げを実施した。この利上げで2010年3月から約1年間で7回の利上げが行われたことになる。

ブラジルの利上げとおなじく、インド中央銀行が利上げを行った最大の要因は、国内インフレ率の抑制である。新興国でインフレが起こった場合に問題になるのは、社会情勢や政情の不安につながる、エジプトのような国民の不満が蓄積していくこと。

ちなみに、インドもブラジルもインフレを抑制するための中央銀行の金利引き上げはあまり効果を上げているとはいえず、インフレは進み続けている。

インドの場合、今回のインフレにつながった物価高は、食料価格の高騰によるところが非常に大きく、供給サイドの問題であるという側面が強く、そのため、金利政策は有効な効果を発揮できないという見方もされている。

インド経済は2011年にどうなる?

2010年もなんだかんだで高成長だったインド経済。2011年にはどうなるのか?

2010年7月~9月のインドの実質経済成長率は前年同期と比べて8.9%の増加だった。これに関してムカジー財務大臣は、2010年としても8.7%程度の値になると明言。そして、気になる2011年に関しても、さらにこの値を上回る可能性もあると述べている。

なんと言ってもインド経済の強みは、人口を背景にした国内消費の余地がまだまだある点。インドでは、国内総生産の6割を個人消費が占める。

やはり2011年もインドは投資先として有望かな。

世界経済とBRICsの関係

ブラジル。ロシア。インド。中国でBRICs。いわずとしれた高成長を続ける国々で、投資先としてここ数年投資家の魅力を引きつけてきた地域。

さらにインドネシアのような東南アジア諸国と南アフリカなど高成長を続ける国も加えると、現在では日米欧の先進国が7割を占めているが、2015年にはこの数字が6割まで低下すると予想されている。すなわち、その分がそれら新興国が世界を引っ張る分と言うことになる。

ちなみに、これま新興国は賃金が低いことや労働人口が低いため、先進国の企業の生産や輸出の拠点として重要視される面が強かったが、最近では経済成長とともに国民の所得が増えた結果、特にブラジルや中国などに象徴されるように、急成長する巨大な消費地としても重要視されるようになっている。ということだ。

MIKTの一角インドネシア

ここ数年、投資対象として魅力的とされてきたのがBRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)であり、事実世界の経済の車輪として世界経済を引っ張ってきた。これらの国はさらなる成長が期待される一方で、あらたに期待を集めているのがMIKTである。

最近、本ブログでもなんどか取り上げているインドネシアも「I」に該当する国として入っている。その他の国は、メキシコ・韓国・トルコである。

ゴールドマンサックスグローバル資産運用会長のオニール氏は、BRICsの代わりにメキシコ・インドネシア・韓国・トルコの頭文字を合わせた「MIKT」が新しい世界経済の成長エンジンに浮上すると展望したという。

変わらず絶好調のインド経済

インドの株価チャートも魅力的に推移している。インドの経済状況が好調なためで、この勢いがいつまで続くのやらとなかばあきらめ気味になってしまうほどインドの経済状況から見えてくる各経済指標は良好だ。

とくに、2010年の7-9月のGDP値は前年同期比+9.8%だと。その前の期間が確か+8.9%だったのでそれすら上回ったことになる。

インドボンベイの証券取引所の指標は11月5日に21,004.96ポイントをつけ、史上最高値
を更新しました。しかしその後、利益確定売りなどによる調
整に加え、汚職事件や軟調な欧州株式市場といった悪材
料により、低迷した状況が続いていました。

ムンバイ市場の好調さって

Yomiuriオンラインの経済関連の記事に、最近の世界市場の動向と今後を予想するものがありました。

そのなかでは各国市場の最近の騰落率を示してあるのですが、

週間の騰落状況は、NYダウ△0.14%、ナスダック△0.39%のほか、FTSE100△1.35%、CAC△1.46%、ムンバイ(インド)△3.17%、上海△0.29%、アルゼンチン△0.56%と欧米市場の上げが目立ちました。

やはりこの中では、ムンバイ市場の上げが目立っている。

・アメリカは中間選挙を控え、景気刺激のドル安(円高)を容認する可能性があり日本株の上値は限定的となる。

・民主党代表選でシコリが残ると政局が不安定となり株式市場も不安定となる。

・米国や中国の景気の先行き不透明感から上値は重い。

・日経平均9500円超の水準は戻り売り圧力がかかる。

・為替動向に神経質な展開となる。

・民主党新代表が決まり景気対策(政策)を買う相場展開になる。

・好業績高配当利回り株などの割安株が買われる。

・8月米雇用統計が予想ほど悪化しなかったことで米経済の楽観ムードの広がりを受け東京市場も自律反発が期待できる。

・配当権利取りの動きが活発化する。

・為替(円安)次第では日経平均が9800円程度まで戻る可能性がある。

・日経平均の想定レンジは、9000円~9500円、8500円~9800円。

このほか、今週の主な経済指標の動向は以下のとおりです。

先日書いたインド経済の関連記事の様にやはり今インドは熱い。そして完全に取り残されてしまった。

インドの株価が上がっているのはなんのせい?

アメリカの株価は行ったり来たり、日本の株価は下がってどうしようもない。ブラジルの株価は足踏み。

そんな状態がもう数ヶ月は続いている。さて今後のながれはどうなるのやら。

そんな一方でインドの株価がこっそりと上昇を続けている。その原因はよくわからないが、まあ、いまとなってはインド関連は全て処分しているのでまたまた、予想と逆にすすんでしまったことになる。あーあ。

今後のBRICs市場の見通し

金融危機再燃の連想から、投資家のリスク選好度は一時的に低下しており、当面の間、BRICs を含む新興
国の株式市場は、ボラティリティの高い状態が続く可能性があります。ギリシャをはじめとする欧州諸国の信用
不安の解消にはなお時間がかかるものと見込まれます。但し、EU(欧州連合)及びIMF の支援策により、当面
の流動性危機は回避されており、市場の反応はやや過剰との見方もできます。今後の注目点は、この問題の
本質である一部欧州諸国の財政健全化の成否、及び財政の制約の下での欧州経済の回復の速度、その世界
経済への影響、と思われます。

インドが0.25%の利上げ。その後の株価は?

インドが利上げしてしまいました。0.25%ですがしっかりした金融引き締めです。その他の国にも影響は当然でるでしょう。とはいえ、なんとか今日のインドの株価指数はプラスを確保しています。

物価急騰で引き締め

【ドーハ=実森出】インド準備銀行(中央銀行)は19日、民間銀行に資金を貸し出す際に適用する主要政策金利の「レポ金利」を年4・75%から年5%に引き上げると発表し、即日実施した。

利上げは2008年7月以来、1年8か月ぶりとなる。高い経済成長を維持している新興国のインドが利上げに踏み切ったことで、世界の金融市場にも影響を与える可能性がある。

インドでは食料を中心に物価が高騰し、物価の指標となる卸売物価指数が2月に前年同月比で10%近い上昇を記録したため、金融引き締めに踏み切った。インド中銀は声明で「物価の状況を注視し、追加の措置を取っていく」と強調した。

金融危機が沈静化した後は、豪州やマレーシアでも利上げが行われている。

さて今日のアメリカそしてブラジル。あすの中国の株式市場はどの程度の影響をうけるのでしょうか?

インドの2月のインフレ率

株価推移を考える上でインフレ率は気になるところ、金融操作を行うともろに株式市場が反応してしまうので。

2010年2月のインドの卸売り物価指数をベースにしたインドの全般的インフレ率は前月の8.56%から16ヵ月来最高の9.89%に加速したとの記事が

すごいことですね。中国とインドの経済状況が世界を引っ張ると見られている昨今ですが、さてさてどうなることやら。中国も金融を引き締めるタイミングを見計らっているし。

インドのソブリン格付けアウトルックは「安定」に格上げ!

財政の改善やあいかわらずの力強い経済成長のつづくインドですが、それをあらわすように、S&Pが3月18日にインドのソブリン格付けアウトルックを「ネガティブ」から「安定的」に変更しました。

「安定的というアウトルックは、向こう数年間のインドの中央・州・民間レベルでの財政再建が政府の政策の柔軟性回復につながる可能性が高いとのわれわれの見解を反映している」とした。
今回の変更によりS&Pによるインドのアウトルックはムーディーズ・インベスターズ・サービスとフィッチ・レーティングスに並んだ。
S&Pは「トリプルBマイナス」の長期格付けと「A─3」の短期格付けは据え置き、インドの格付けは高水準の債務負担や赤字から引き続き制約を受けており、インフレが懸念事項だと説明した。
S&Pのクレジットアナリスト、小川隆平氏は声明で「われわれの見解では、直近のインフレ率により安定的なマクロ経済や金利の環境が軌道を外れる可能性もある」と述べた。

もう少しで香港の指数が23000をとらえるところなので、次の投資先としてやはりインドになるのかとも思い中

2010年はやはり中国とインドが世界を引っ張る?

中国とブラジルの投資信託を保有している身としてはありがたいのですが、3月16日6時34分配信 ロイターによると、「2010年世界経済成長、中印けん引で加速=OECD」と見られているそうです。

ブラジルはこのまま保有し続けるとして、23000ポイントに近づいた際に三井住友ニューチャイナを手じまいしたあとにはインドに乗り移るべきかと考えています。

[アテネ 15日 ロイター] 経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は15日、2010年の世界的な景気回復は中国やインドの成長がけん引し、従来予想よりも強くなるとの見方を示した。
事務総長はロイターとのインタビューで「世界経済(の成長)は4─4.5%で推移し、OECD加盟国は2─2.5%程度の伸びとなる見込みだ」と述べた。
09年11月時点でOECDは今年の世界経済の成長率を3.4%、加盟国は1.9%との見通しを示していた。
同事務総長は「世界の経済成長が加速するのは、中国やインドが非常に力強くけん引しているためだ」と分析した。
各国政府は景気刺激策をまだ解除すべきではないが、財政・税制をめぐる状況を持続可能な水準に戻す計画を策定すべきだと述べた。
「財政状況をどのように正常化させる計画なのか、着陸方法についてシグナルを出し始める必要がある。このようなシグナルは今出さなければならない」とした。

インド株価の最近

ひさしぶりにPCAアセットのPCAインドウィークリーをみてみた。

このレポートは、インド投信を持っていたころは毎週見ていたやつ。

インド経済だけでなく、その経済につながるバックグラウンドのことも独自の視点で書いているので、読み物としてもまあ面白いのでおすすめ。

ちなみに今年のインド経済ですが、次の様な予想が財務大臣からなされているようです。

プラナブ・ムカジー財務相は、7.5%とした今年度の経済成数値の達成には十分な自信がある」と語り、昨年経済 CA India Weekly スとして挙げた数値が現実となる可能性を示唆しているようです。

Index of all entries

世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 世界の株価 > インド経済 Archive

Search
Feeds

Return to page top