世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 日本経済 > 東電が実質国有化で株価はどうなる?

東電が実質国有化で株価はどうなる?

      

東京電力に対して、国の資金が新たに1兆円注入されることになり、12月8日の東京電力の株価は急落した。ただ、翌日は小康状態。よく分からないのが、東電に1兆円が注入されたらJALのように100%減資になって、株が紙切れになるのか?それとも、上場は続いて、紙切れになるような事態にならないのか?ということ。

来年6月の定時株主総会で株式授権枠大幅拡大の承認を得た上で、原子力損害賠償支援機構が東電の新株(優先株)を引き受ける形で来夏の実施を目指し、一時実質国有化に踏み切る構えという。福島第1原子力発電所事故対応の費用などで、2013年3月期に東電は債務超過に陥る可能性が高まっているため、とした。

しかし、証券会社関係者の見方によると、100%減資になることはなく、今回の急落は、公的資金が注入されることで、株の価値が希薄化することが懸念されてのことのよう。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/410
Listed below are links to weblogs that reference
東電が実質国有化で株価はどうなる? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top