世界の株価チャートとリアルタイム情報 > インドネシア経済 > インドネシアの株価だけ下げた!

インドネシアの株価だけ下げた!

      

15日の東南アジア地域各国の株価はおおむね上げたにもかかわらず、インドネシアのジャカルタ市場では株価が下がった。これって何を意味するのだろう。

シンガポール市場が約1%高で終わったのに対して、インドネシアジャカルタ市場では、海外資金の引き上げによると見られる株価の下落が怒り、一時前日比2%近く下がって、結局最後に少しもどしたものの、前日比0.7%安。

トムソン・ロイターのデータによると、外国人投資家はこの日、4日連続でジャカルタ株を売り越しており、きょうの1億6000万ドルを含め、ここ3営業日での売越額は2億6700万ドルに上る。

一方、他の大半の市場にはこの日資金が流入。トムソン・ロイターや証券取引所のデータによれば、クアラルンプール市場では1億1836万リンギ(約3900万ドル)、マニラ市場では120万ドル、ホーチミン市場では30万ドルの資金が流入した。

金融部門に対する世界的に弱いセンチメントを背景に、ジャカルタ市場では銀行株が下げを主導。インドネシアの銀行最大手、国営マンディリ銀行(BMRI.JK: 株価, 企業情報, レポート)は1.6%安と、4営業日続落し、一時約6カ月ぶりの安値まで下げた。

同市場の出来高は大半の主要市場と足並みをそろえる形で、月平均の3分の2程度まで減少。

  まだまだ市場規模の小さなインドネシアのジャカルタ市場にしめる外国資金の割合は大きいので、外国資金が少し動くとどどっとトレンドが変わる危険性をもっているものまたインドネシア。こわい。でも魅力的。さて明日はどうなるのやら。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/375
Listed below are links to weblogs that reference
インドネシアの株価だけ下げた! from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top