世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資信託 > | 投資記録 > | 株式投資 > グロソブが設定来の最安値だって。

グロソブが設定来の最安値だって。

      

日本国内の最大の公募投信は国際投信の「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」なわけだが、その基準価格が3日、設定来安値の5044円となったらしい。
グロソブは、毎月分配型の先駆けとして登場し、今もその規模は最も大きな公募投信であるわけだが、投資家が選好する分配金競争では後発組の高分配ファンドに水をあけられ資金流出を余儀なくされている。投資先がソブリン債という性格を活かし、分散投資の中で、ベース資産としての「グロソブ」をアピールしたいところだが、足元の急激な円高で基準価額が5000円割れ目前の「グロソブ」は新たな岐路に立たされている。
「投信なのに毎月分配金が出るなんて凄い」──分配金が毎月出ることに感動した投資家は多い。高齢層の年金補完目的や早期リタイア組の小遣い稼ぎ的投資など、目的はさまざまだが、毎月の分配金を楽しみにした個人投資家の圧倒的支持を得て「グロソブ」は、全都道府県で販売される国民的ファンドに成長した。
ただ毎月分配があることだけで、投資家が満足するはずはなく、分配金の高額化に向けた運用各社の競争から登場したのが、現在主流となっている通貨選択型だ。投資先の債券や株式の値上がり益に為替のリターンを上乗せするという2階建て構造(ダブルデッカー型)の通貨選択型は、より高い分配金のねん出が可能だ。販売会社からは「グロソブの一部を解約し、分配金の高い毎月分配への乗り換えは恒常的に続いている。そのためにも乗り換え先となる高分配商品の導入が必要になっている」との声もある

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/363
Listed below are links to weblogs that reference
グロソブが設定来の最安値だって。 from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top