世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資記録 > | 日本経済 > 安愚楽牧場の破綻?と東電の責任

安愚楽牧場の破綻?と東電の責任

      

安愚楽牧場が危機的状況に陥っているというニュースから1日たち、会員数3万人にのぼることや、東電の原発事故の影響をもろに受けていることから、政府内でもそれなりの対応が考えられているもよう。

細野原発担当大臣の見解では

「和牛オーナー制度」を運営する安愚楽(あぐら)牧場(本社・栃木県)が経営悪化に陥っている問題で、細野豪志・原発担当兼消費者担当相は2日の閣議後記者会見で「賠償の問題は安愚楽牧場の場所から言っても、牛に関する問題ということから言っても、賠償スキームに乗っかってくる可能性は十分にあると思う」と発言。東京電力による賠償の対象になる可能性があるとの考えを示した。

とうこと。全額は戻ってこないにしても半分くらいはなんとかなって欲しいと願う。

しかし、安愚楽牧場のこの一件に関して「被害」と認識しているひとがかなりの数にのぼるようだが、自己責任の投資の話。そして、あぐら牧場がやっちゃったわけではない原発事故が最大の原因であることを考えると「被害者」という考えには私自身ならない。投資額は850万円で決して少ないわけではないが、ここはジタバタせずなるようになるのを待つしかないのかなと腹をくくっている。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/362
Listed below are links to weblogs that reference
安愚楽牧場の破綻?と東電の責任 from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top