世界の株価チャートとリアルタイム情報 > ブラジル経済 > ブラジルの株価はどんどん順調に下落して

ブラジルの株価はどんどん順調に下落して

      

なんだかなぁという感じで、徐々に徐々にそして気が付けば60000まで割り込んでしまったボベスパの指数。決して景気が悪くないはずのブラジルなのにこの落ち方はとても気持ち悪い。

それもこれも金利をどんどんあげていってついには12%を越えるところまできてしまったことが痛い。

ブラジルの景気がわるくなっていない証拠に、ブラジルの個人消費は2011年に入ってからも好調に推移している。この背景には、完全失業率が低下するなど、世界不況後も雇用環境が良好なことに加えて、実質賃金が上昇傾向で推移している。つまり、賃金上昇がおこれば物価も上昇する。すなわちインフレなわけで、そうなると金利を上げるというのが常套手段。
ブラジルの実質賃金はリーマン・ショック後の世界不況の影響で一時期にマイナスの伸びとなったが、その後は急回復している。直近の2011年4月は、前年比+4.3%の伸びを記録。

今後半年間の見通しとして

ブラジル中銀は、2011年後半中に0.25%の利上げを1回実施し、金融引き締め政策を終了する可能性が高い。ただ、金融引き締め政策が終了しても、金融引き締めの効果が経済全体に浸透するまでには、通常半年程度のタイムラグがあるため、2011年中はブラジルの経済成長率は減速傾向で推移するとみられる。その結果、2011年通年の実質経済成長率は前年比4.0%増と、2010年の同7.5%増に比べて大幅に鈍化すると予測する。ブラジル経済の減速を受けて、2011年のインフレ率はブラジル中銀が目標とする+6.5%以内に落ち着くとみられる。

ETFはとうとう原価割れ?

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/356
Listed below are links to weblogs that reference
ブラジルの株価はどんどん順調に下落して from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top