世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 日本経済 > 原発、東電負担はどこまで?

原発、東電負担はどこまで?

      

東京電力福島第1原発事故で政府が検討している損害賠償対策案は、

新設する「原発賠償機構(仮称)」を通じて東電に公的資金を投入し、

損害賠償の支払いと電力の安定供給を両立させることが柱だ。

ただ、東電の最終的な負担がどの程度に上るかが課題として残っており、

社債発行などで東電の存在感が大きい金融市場への影響もにらみながら制度の詳細を詰める方針だ。

(Yahoo!ファイナンスより引用 <福島第1原発>東電負担どこまで 政府、金融機関に思惑も

 

震災後の電力収入の落ち込みなどを踏まえても、最大1000億円なら

リストラの徹底などで捻出できると判断しているようですが、

電力は一社独裁なので、このような試算が可能なのかもしれませんね。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/313
Listed below are links to weblogs that reference
原発、東電負担はどこまで? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top