世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 日本経済 > 震災後の日本の工業製部品の重要さって?

震災後の日本の工業製部品の重要さって?

      

津波と原発事故が複合した日本の震災の深刻さが明らかになる中、

ボルボは今週、日本製のナビゲーションとエアコンの在庫が10日分しか残っておらず、

工場が操業停止になる可能性があることを明らかにしました。

ゼネラル・モーターズ(GM)は先週、シボレーコロラドや

GMCキャニオンを組み立てているルイジアナ州シェリーブポートの従業員数923人の工場を、

日本製の部品が不足しているために閉鎖すると発表しました。

日本の混乱が長引けば、アップルやヒューレット・パッカード(HP)は大変になるでしょう。

今まで誰も気にしたことがないような製品、例えば小型マイクやメッキ素材、高性能機械、

電子ディスプレイ、それにゴルフクラブやボーイングの新型旅客機ドリームライナーの羽に使われる炭素繊維などは、

すべて日本だけで作られているか、または主に日本で作られているそう。

いま、日本の工業製部品のクオリティの高さが改めて評価されています。

今後の株価にどう響いてくるのかも注目です。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/310
Listed below are links to weblogs that reference
震災後の日本の工業製部品の重要さって? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top