世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 日本経済 > 東京電力社債のデフォルト

東京電力社債のデフォルト

      

一時国有化とも言われた東京電力は結局、国有化せず国民の負担で再建をめざすというながれが決定的になってきたようである。

そもそも、JALも同じように親方が日の丸の企業だったのに、JALはつぶせてなぜ東京電力はつぶせないのか?という疑問があるが、この理由に関しては、東電の社債残高を考えるとわかるという。

東京電力の社債残高は5兆円を大きく上回り、この値は更正前のJALの100倍にのぼる。日本の事業債券市場は50兆円程度であることを考えると、その1/10という値になる。東京電力の社債は、信用度が高く発行頻度や巨額の発行額などが好まれた結果、多くの金融機関が買い支えてきた。

すなわち、JALと同じように再建が法的整理の対象になったらなにが起こるかというと、債券市場がクラッシュして金融不安を招きかねない事態が起こる。

そして、飛行機は乗客がいなければ利益が出ないのに対して、電力は地域で独占であり、また電気を使わない生活なんて不可能であるため、結局、電力料金体制を改訂するだけで、ある程度の利益は確保できるようになる、結局は国民が払ってくれるのでどうにでもなるということかな。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/308
Listed below are links to weblogs that reference
東京電力社債のデフォルト from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top