世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資用語と豆知識 > 香港ハンセン指数って?

香港ハンセン指数って?

      

香港ハンセン指数とは、アジアの代表的な株価指数のことです。

ハンセン銀行が開発し、1964年7月31日を基準(100)として、

1969年からハンセンインデックスサービス社(HIS)が算出、公表しています。

香港証券取引所に上場している、時価総額の約7割を占める33銘柄を対象として

時価総額加重平均で算出されていて、同様に計算された、金融、商工業、公共事業(公益)、

不動産の各業種別指数もあります。

香港ハンセン指数は、世界的にも注目度の高い指数となっていて、

その普遍性を保つために四半期ごとに構成銘柄の妥当性を検討しているそうですよ。

香港株式市場を代表する指数であることに間違いはありませんが、

現在、香港証券取引所に上場している銘柄は1,000以上あり、そのうちの33銘柄のみを反映したものであること、

また、上位数銘柄の時価総額が飛び抜けて大きいことから、数銘柄の値動きで大きく変動があることにも注意が必要です。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/301
Listed below are links to weblogs that reference
香港ハンセン指数って? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top