世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資用語と豆知識 > 大震災 資産運用法って?

大震災 資産運用法って?

      

大震災で家を失ったら立て替えないといけないし、当面の生活費も必要です。

そこで地震をはじめ、大災害に備えた資産運用法を考えてみたいと思います。

たとえば日本株。ご承知のとおり、いきなり日経平均で1000円も下げてしまいましたね。

震災後、時間が経てば、やがて相場も戻るでしょう。

でもお金が必要なのは「今」。「やがて」じゃ遅く、なんの役にも立たないと思いませんか?

「地震のない海外へ資産を非難させておけばいいのでは?」

そう思われていた方もいるでしょう。しかし「これもダメだ」ということが今回分かりました。

被災で日本の経済力が弱まり、円が安くなると思いきや、実際には高くなりました。

一時、76円台にまで円高が進んだのですから、為替相場というのは恐ろしいですね。

「為替も関係ない」「株安も関係ない」という点では、日本国債がいちばん安全なのでしょうか?

ですが、問題は利回り。年1%だと投資とはいえないかもしれませんね。

大震災のときに「増やす」なんて、はじめから考えないほうがいいのかも・・・。

「安全」と「すぐ下ろしやすい利便性」だけを考え、あとは命あってのものだねと割り切って、

銀行などの普通預金か、郵便局の普通貯金に分散して預けておいたほうが、いざというときには

役に立つでしょう。

何も全てを普通預金にすればいいと言っているのではありません。

ただ、手元に現金も含めて有事に対応できるだけの資金は用意しておいた方が慌てなくて済みそうですね。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/289
Listed below are links to weblogs that reference
大震災 資産運用法って? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top