世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資用語と豆知識 > 出来高と売買高の違いって?

出来高と売買高の違いって?

      

じつは私、売買高と出来高を違うものと思いこんでいました。

・・・が、実はこの2つはまったく同じものを指しているんですね。

出来高(売買高)とは、買い注文と売り注文の価格と株式数が一致し、

売買が成立した時の株式数のことを言います。

売買高も出来高も、市場での活況具合や人気度を見るために用いられているので、

出来高や売買高が高いほど取引が活発に行われていると言うことができ、

株価も大きく動いているようです。

自分の持っている株が購入時、100円で10,000株だったとして、105円になっていたら、

嬉しいですよね。

以前は活況具合を見るために出来高が主に用いられていたようですが、

最近では売買代金も併せて判断することが多くなってきているようです。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/252
Listed below are links to weblogs that reference
出来高と売買高の違いって? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top