世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資用語と豆知識 > 特定口座の「源泉あり」「源泉なし」って?

特定口座の「源泉あり」「源泉なし」って?

      

株をやっていたり、証券会社に口座を持っていたりすると「特定口座」を作るように

勧められると思います。

この特定口座の「源泉あり」「源泉なし」を選ぶ欄で、どちらにしたらよいか

迷った方も多いのでは?

迷ったら、ずばり源泉ありをおすすめします。

証券会社一箇所だけで株をしているのであれば、源泉ありにしておけば、

計算して税金を払ってもらえるので確定申告不要で便利です。

仮に将来二箇所以上で株をする場合でも、源泉ありを選択しておいても

確定申告もすることができます。

逆に、源泉なしにすると確定申告をしなければいけません。

さらに、納付すべき税金があれば自分で払うことになります。

たとえば、株式投資信託が儲かって、売却して利益が出たととします。

特定口座でない今までなら、売却するとき税金も引かれていました。

しかし、特定口座にすることにより、売却時には税金が引かれなくなります。

特定口座にすることで証券会社から「年間取引報告書」を送ってもらえるのですが、

源泉ありの場合、年間を通じて利益が出ていれば税金を納付してもらえます。

源泉なしの場合、その報告書を持って確定申告する必要があります。

年間を通じて利益が出ていれば、自分で納付することになりますので、

ちょっと手間がかかりますね。

源泉なしにして確定申告をせず払う税金があっても納税しないのは・・・まずいです。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/239
Listed below are links to weblogs that reference
特定口座の「源泉あり」「源泉なし」って? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top