世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資用語と豆知識 > 10万円以下でも医療費控除が取れる裏技って?

10万円以下でも医療費控除が取れる裏技って?

      

医療費控除の申告をするためには、「医療費が10万円超えないと無理」とあきらめている人が大半だと思います。

でも、10万円超えなくても医療費控除ができる場合があるんです。

実は、医療費控除には「10万円」以外の基準があるからです。

それは、課税標準の5%というもの。要は、給与所得だけの人であれば年収ではなく、

給与所得控除後の金額ということになります。

ここに年収(つまり給与の額面)が800万円の人・480万円の人・240万円の人がいるとします。

給与所得控除後の金額はそれぞれ 800万円⇒600万円、480万円⇒330万円、240万円⇒150万円

となります。

600万円、330万円、150万円がそれぞれこの場合には課税標準となりますから、その5%を計算すると

600万円×5%=30万円、330万円×5%=16.5万円、150万円×5%=7.5万円

となります。

医療費控除の適用基準は、この課税標準の5%と10万円のいずれか低い金額を超えた場合

となっているんです。

10万円超えなくても医療費控除の対象となる金額が生じますので、

「体調を崩して入院」「出産準備で退職」「結婚を機に退職」「年の中途から再就職」など

なんらかの事由で通常より年収が下がっている場合、「どうせ、10万円を超えないから」

とあきらめるのは、もったいないですよ!是非、一度計算してみてください。

もちろん、医療機関への往復の交通費も計算に入れることをお忘れなく!

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/241
Listed below are links to weblogs that reference
10万円以下でも医療費控除が取れる裏技って? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top