世界の株価チャートとリアルタイム情報 > インドネシア経済 > | インド経済 > | ブラジル経済 > | 世界の株価 > | 中国経済 > 世界経済とBRICsの関係

世界経済とBRICsの関係

      

ブラジル。ロシア。インド。中国でBRICs。いわずとしれた高成長を続ける国々で、投資先としてここ数年投資家の魅力を引きつけてきた地域。

さらにインドネシアのような東南アジア諸国と南アフリカなど高成長を続ける国も加えると、現在では日米欧の先進国が7割を占めているが、2015年にはこの数字が6割まで低下すると予想されている。すなわち、その分がそれら新興国が世界を引っ張る分と言うことになる。

ちなみに、これま新興国は賃金が低いことや労働人口が低いため、先進国の企業の生産や輸出の拠点として重要視される面が強かったが、最近では経済成長とともに国民の所得が増えた結果、特にブラジルや中国などに象徴されるように、急成長する巨大な消費地としても重要視されるようになっている。ということだ。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/206
Listed below are links to weblogs that reference
世界経済とBRICsの関係 from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top