世界の株価チャートとリアルタイム情報 > 投資信託 > | 投資用語と豆知識 > ディスカウント債とは?投資信託でのはなし

ディスカウント債とは?投資信託でのはなし

      

ディスカウント債(ディープディスカウント債)とは、債券の利率(クーポン)を低く設定する代わりに、発行価額を大幅にディスカウントする形態をした債券のことです。価格と額面の差が、低い利率(クーポン)を補完する役割を持つため、相応な償還差益を得ることが可能です。
そのメリットを享受するためにも、長期保有を前提とした投資をお勧めします。

ちなみにディスカウント債の税金は以下のようになります。

  • 債券の償還差益は、雑所得として総合課税の対象となります。
  • 下記表の条件を満たす利付債券の途中売却による収益は原則非課税です。
  • 債券の利払いに対しては、20%の源泉徴収税が適用されます。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/182
Listed below are links to weblogs that reference
ディスカウント債とは?投資信託でのはなし from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top