世界の株価チャートとリアルタイム情報 > インド経済 > | 世界の株価 > ムンバイ市場の好調さって

ムンバイ市場の好調さって

      

Yomiuriオンラインの経済関連の記事に、最近の世界市場の動向と今後を予想するものがありました。

そのなかでは各国市場の最近の騰落率を示してあるのですが、

週間の騰落状況は、NYダウ△0.14%、ナスダック△0.39%のほか、FTSE100△1.35%、CAC△1.46%、ムンバイ(インド)△3.17%、上海△0.29%、アルゼンチン△0.56%と欧米市場の上げが目立ちました。

やはりこの中では、ムンバイ市場の上げが目立っている。

・アメリカは中間選挙を控え、景気刺激のドル安(円高)を容認する可能性があり日本株の上値は限定的となる。

・民主党代表選でシコリが残ると政局が不安定となり株式市場も不安定となる。

・米国や中国の景気の先行き不透明感から上値は重い。

・日経平均9500円超の水準は戻り売り圧力がかかる。

・為替動向に神経質な展開となる。

・民主党新代表が決まり景気対策(政策)を買う相場展開になる。

・好業績高配当利回り株などの割安株が買われる。

・8月米雇用統計が予想ほど悪化しなかったことで米経済の楽観ムードの広がりを受け東京市場も自律反発が期待できる。

・配当権利取りの動きが活発化する。

・為替(円安)次第では日経平均が9800円程度まで戻る可能性がある。

・日経平均の想定レンジは、9000円~9500円、8500円~9800円。

このほか、今週の主な経済指標の動向は以下のとおりです。

先日書いたインド経済の関連記事の様にやはり今インドは熱い。そして完全に取り残されてしまった。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/136
Listed below are links to weblogs that reference
ムンバイ市場の好調さって from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top