世界の株価チャートとリアルタイム情報 > インド経済 > | 中国経済 > | 投資信託 > | 投資記録 > 2010年はやはり中国とインドが世界を引っ張る?

2010年はやはり中国とインドが世界を引っ張る?

      

中国とブラジルの投資信託を保有している身としてはありがたいのですが、3月16日6時34分配信 ロイターによると、「2010年世界経済成長、中印けん引で加速=OECD」と見られているそうです。

ブラジルはこのまま保有し続けるとして、23000ポイントに近づいた際に三井住友ニューチャイナを手じまいしたあとにはインドに乗り移るべきかと考えています。

[アテネ 15日 ロイター] 経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は15日、2010年の世界的な景気回復は中国やインドの成長がけん引し、従来予想よりも強くなるとの見方を示した。
事務総長はロイターとのインタビューで「世界経済(の成長)は4─4.5%で推移し、OECD加盟国は2─2.5%程度の伸びとなる見込みだ」と述べた。
09年11月時点でOECDは今年の世界経済の成長率を3.4%、加盟国は1.9%との見通しを示していた。
同事務総長は「世界の経済成長が加速するのは、中国やインドが非常に力強くけん引しているためだ」と分析した。
各国政府は景気刺激策をまだ解除すべきではないが、財政・税制をめぐる状況を持続可能な水準に戻す計画を策定すべきだと述べた。
「財政状況をどのように正常化させる計画なのか、着陸方法についてシグナルを出し始める必要がある。このようなシグナルは今出さなければならない」とした。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:1

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/77
Listed below are links to weblogs that reference
2010年はやはり中国とインドが世界を引っ張る? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
インドのソブリン格付けアウトルックは「安定」に格上げ! from 世界の株価チャートとリアルタイム情報 2010-03-21 (日) 17:49
財政の改善やあいかわらずの力強い経済成長のつづくインドですが、それをあらわすよう...
Search
Feeds

Return to page top