世界の株価チャートとリアルタイム情報 > フィデリティ証券 > | 世界の株価 > | 投資信託 > | 投資記録 > 世界の株価とチャートを考えると今後は?

世界の株価とチャートを考えると今後は?

      

ここ2週間ほどの世界の株価チャートの動きを考えると、下げであることは間違いない。

ここで手元に資金があるひとであれば、間違いなく今は買い時と考える。

とはいえ、自分には手元の資金がないことからこれはできないが。

さて、投資信託の基準価格が今後どうふれるのかは自分にとって非常に大きなことであるが、それがどうなるのか、

やはり世界のながれからいくと、半年くらいでみれば十分あげていくと思われる。

ただし、考えておかないといけないことは中国が公定歩合をいじったりということが先送りになり、

結局先送りになったタイミングでは公定歩合をいじるということである。

したがって、あと2ヶ月程度で三井住友ニューチャイナファンドをいったん手仕まいしたほうがよいと考えている。

タイミングとしては23000を達成した時点か。これまでこれを達成、もしくはその直前で急落するということをくりかえしているので。

その後に問題になるのがそこで帰ってきた資金を次にどこに投資するのかということである。

中国とインドは一セットであると考えると、最近なんどか記事にしているインドネシアか。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/56
Listed below are links to weblogs that reference
世界の株価とチャートを考えると今後は? from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top