世界の株価チャートとリアルタイム情報 > ブラジル経済 > | 世界の株価 > ブラジルが100億ドルのIMF債を購入することが意味すること

ブラジルが100億ドルのIMF債を購入することが意味すること

      

サッカーワールドカップの開催に続いてオリンピックも開催することになったブラジルの勢いが止まらないようだ。確かに債務国から債権国に転換しているのは間違いなく今後数年の発展は間違いない。インドかブラジルか次に投資するならどちらか考えないと。

[イスタンブール 5日 ロイター] ブラジルは5日、国際通貨基金(IMF)が発行する特別引き出し権(SDR)建て債券を100億ドル購入することを明らかにした。
マンテガ財務相は、今回のIMF債券の購入について、4月の20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)で合意したIMFの財源拡大決定を確認することになると述べた。
IMFの財源拡大では、主要新興国BRIC(ブラジル、ロシア、インド、中国)が総額800億ドルを拠出することで合意している。中国はそのうち500億ドルを拠出する。
マンテガ財務相はIMFのストロスカーン専務理事への書簡で「継続している金融危機への効果的な対応に向け、必要な手段を確実にするための貢献として、ブラジルはIMFの財源拡大支援の決定を確認する」と述べた。
財務相はまた、強化された国家財政やインフレ抑制を背景に経済が過去10年で大幅に改善したブラジルにとり、今回の決定は大きな転換点になると指摘。
「ブラジルにとってこれはIMFへの最初の融資」とし「われわれは債務国から債権国に転換しつつあり、歴史的な瞬間だ」との見方を示した。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://non-chan.com/mt/mt-tb.cgi/32
Listed below are links to weblogs that reference
ブラジルが100億ドルのIMF債を購入することが意味すること from 世界の株価チャートとリアルタイム情報
Search
Feeds

Return to page top