世界の株価チャートとリアルタイム情報

世界の株価チャートとリアルタイム情報

                 
NYダウチャート
NYダウ
NASDAQチャート
NASDAQ
日本の株価指数チャート

日経平均

TOPIX
JASDAQ指数
ジャスダック
BRICs各国の株価指数チャート

ブラジル Bovespa
ロシアRTSIチャート
ロシア RTS

インド SENSEX

香港 HANG SENG

中国 上海総合
アジア主要国株価チャート

韓国KOSPI

台湾 加権

オーストラリア ASX

シンガポール ST

ベトナム

インドネシア
ヨーロッパ各国株価チャート
イギリスFTSE100チャート
イギリス FTSE100
フランスCAC40チャート
フランス CAC40
ドイツDAXチャート
ドイツ DAX
イタリアFTSEMIBチャート
イタリア MIB30

スペインIBEX35チャート
スペイン IBEX35

オランダ AEX

野村のNext Fundsシリーズ日経平均連動のブル・ベアETFはどうか?

以下の記事に書かれているように、野村アセットが来月、日経平均に連動するブル・ベアのETFを発売する。したを読めば分かるが、日経平均の2倍の値動きをするように設定されているブル型が「日経レバレッジ指数ETF」反対にマイナス1倍の値動きをするベア型が「日経インバース指数ETF」。

この二つのETFに関して、私が買う対象にするかというと。しない。なぜなら、Next Fundsシリーズのロシアとブラジルでなんだかな~という目にあっているから。

そもそも、ETFは株と同じように、市場での需給関係で取引が成立し、プレーヤーは売買を行う。そして、投資信託でいうところの基準価格はETFにもあるが、この基準価格と実際の市場での取引価格が乖離することは多多あり、それが乖離率と呼ばれる。

この乖離率がマイナスであれば、基準価格よりも安く買える・安くしか売れないということになる。そして、乖離が大きくならないための仕組みとして、裁定取引というものが存在する。

この裁定取引がちゃんと働いていればよいが、どうも野村のETFはプレーヤーがすくないためか、平気で、-6%を超えるような乖離をしてしまう。そしてマイナスが状態化しているのが今の状態。

ということで、多くのプレーヤーが望めない小さなETFは乖離もしやすく、またプレーヤーが少ないため、売りたいときに売れないことも多多でてくる。ことを考えると、野村のETFはどうもねぇ。となる。あくまでも私感です。投資は自己責任で。

野村アセットマネジメントは4月12日、「NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(愛称:日経レバレッジ指数ETF)」<1570> と「NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(愛称:日経インバース指数ETF)」<1571> を大阪証券取引所に上場する。両ETFの設定日は4月10日、売買単位は1口、信託報酬は年0.84%以内(税込)。上場当初の最低投資金額は5000~6000円程度になる見込み。決算日は毎年5月20日。
「日経レバレッジ指数ETF」は日経平均株価の日々の変動率に対して2倍の変動をする「日経レバレッジ指数」に連動する運用を目指すETF。「日経インバース指数ETF」は日経平均株価の日々の変動率に対してマイナス1倍の変動をする「日経インバース指数」に連動する運用を目指す。
2つのETFは、日経平均株価を基準に前日比で2倍の値動きをする「日経レバレッジ指数ETF」がブル型、日経平均株価を基準に前日比でマイナス1倍の値動きをする「日経インバース指数ETF」がベア型のファンドと同様の性質をもっており、日経平均株価の値動きが上昇・下降を日々繰り返すケースでは2倍およびマイナス1倍を超過し、変動幅が大きくなる傾向がある。このため、「比較的短期間の市況の値動きをとらえるための投資に向いている金融商品」だとしている。

野村AMの日経平均を対象としたブル型・ベア型のETF2本、4月12日に大証上場へ/ファンドニュース/(投資信託ニュース)モーニングスター

ブラジルの失業率と株価の関係

ブラジルの株価が順調に上昇してボベスパの指数が68000を超えたところで調整の模様。66000まで下がったが、今後上げていくためには局面局面での調整が欠かせないので、まあ、今回の足ぶみはそんなもんだろうと期待。

好調なブラジルの最近な株価推移に関することとして、2月の失業率が発表された。前月比では0.2%の悪化だが、前年同月比では0.7%の改善と言うことで、やはりよいほうに向かっているのだろう。

ブラジルのETFも順調にあがっているが、やはり乖離率はNEXT ブラジルETFで5%程度をキープしたまま。このETFでは裁定取引なんてものはきたいできないのだろうな。と最近はあきらめ気味。

次売ったら、ぜったいにこのETFは買わない!

ブラジル地理統計資料院(IBGE)は22日、2月失業率が5.7%だったと発表した。前年同月比では0.7%の改善となったが、前月比では0.2%悪化した。事前の市場予想の5.9%。
前年同月と比較した地域別の失業者数は、サンパウロで増加したが、レシフェ、エルサルバドル、ベロオリゾンテの各都市で減少。業種別では不動産、金融、教育、保健などの関連で雇用が増加している。
22日のボベスパ指数は、前日比1031.86ポイント(1.54%)安の6万5828.19ポイントで取引を終了した。

<EMeye>ブラジルの2月失業率は5.7%/新興国ニュース/(投資信託ニュース)モーニングスター

ブラジルの株価は3%以上の上昇

昨日、ブラジルの株価が68000を目前に足踏みしてしまっているとのことを書いたばかりの翌日に、なんとあっさりとブラジルボベスパの株価指数は68000を突破した。大きくさげることもないので非常に好調だ。

NYにいたっては4年ぶりの株価に到達しており、ギリシャの問題も一区切りついた感のあるため、新たに新興国への投資に参加するのであれば絶好のタイミングと思われる。

とはいえ、私の場合には、塩づけ状態のブラジルとロシアのETFがそのままなので、あとはどれくらいでプラスマイナス0になるのかが気になるところ。

インドネシアの株価に関してはすっきりせずに足踏み状態だけど、おそらく今日以降一気に4200を目指してあげてくるのではと予想。

さて、今日のブラジルETF、ロシアETFは何%上がるか?たのしみ。

ブラジルの株価はすこし足踏み

ブラジルが政策金利を0.75%引き下げて一気に株価が上昇するかと思いきや、68000を前に足踏み。なんか予想がはずれた。これだけ下げると上がるかと思ったのに。

なぜだろう。

エルピーダは倒産であと1ヶ月で上場廃止

あぶないあぶないといわれてきたエルピーダメモリがついに破産。負債総額は4480億円。気になるのはこのエルピーダの株をもっている株主さんたち。国としては280億円の公的資金が焦げ付き国民負担となる可能性が高いらしいが、それ以上に痛いのは株をもっていた人たち。

そして、これからこのマネーゲームに乗っかろうとしているひとたちもかならずいるはず。

とりあえず、エルピーダメモリの上場廃止は1月後の3月28日。さて明日明後日と一気に株価が急降下することは間違いなしだろう。そして紙くず寸前で1円の動きで数十%も動くことになった状況で、ハゲワシさんたちが動き出し。それにつられて乗っかろうとした素人さんのお金がまた吸い上げられる。

歴史は繰り返す。

こんなやばい株には乗っからない方がよい。

と思う。

投資は自己責任で。

ブラジルの株価は8ヶ月ぶりの高値を達成したぞ~

最近のブラジルの株価の上がり方の勢いがすごい事をなんどか書いたけど、昨日は2.3%の上昇。ボベスパ指数は65000を狙うところまで上がってきた。このまま一気に65000を抜けると70000までのぼるのかと思ってしまうほどの勢い。

さて明日はどうなるか。ブラジルETFが上がらないのは気になるが。

昨日2月1日のブラジル市場は続伸。主要指標のボベスパ指数は前日比1494.87ポイント高(+2.37%)の64567.18で取引を終えた。指数構成銘柄の値上がり数は54、値下がり16と買いが優勢。通信を除くすべてのセクターが買われ、中でも消費財や資本財の上昇が目立った。ボベスパ指数はこの日、約8カ月ぶりの高値を更新した。
小幅高でスタートした後は上げ幅を拡大させ、その後も高値圏で推移した。資源の最大輸出国である中国の1月の製造業購買担当者指数(PMI)が市場予想を上回り、好不況の分れ目50ポイントを上回ったことが好感された。また、1月の米ISM製造業景況指数が前月から上昇したことも買い安心感を与えた。国内では、英国の市場調査会社マークイットが発表した1月のHSBC製造業PMIが50ポイントを上回ったことや、ブラジル銀行協会が2012年の経済成長率が3.4%以上になるとの予測が、景気減速に対する過剰な懸念を緩和させた。

ブラジル株価はなんと8営業日続伸 追加利下げ?

2012年のブラジルの株価はすごい勢いで上昇しているブラジルボベスパの株価指数。なんと、26日も0.75%上昇したことで、8日間連続で株価が上昇しました。すごいです。やはりこの勢いは本物なのか?下の記事にも書いてあるように、ブラジルの場合は、政策金利を下げるというカードが豊富にあるのがいまの強み。日本の10倍以上の10%という金利はまだまだ使えます。やはりいまはブラジルを買いかな。

1月26日(ブルームバーグ):26日のブラジル株式市場では、指標のボベスパ指数が8営業日続伸し、この1年半で最長の上げとなった。ブラジル中央銀行が政策金利を10%を下回る水準に引き下げる可能性を示唆したことから、住宅建設株が上げを主導した。

売上高でブラジル5位の住宅建設会社、MRVエンジェニャリア・エ・パルチシパソンエスは5.3%高と、5カ月ぶり高値を付けた。一段と低利の金融により、売り上げが伸びるとの見方が背景。同業のPDGレアルティSAエンプレエンジメントス・エ・パルチシパソンエスは5.2%、ブルックフィールドは3.3%それぞれ値上がり。MSCIブラジル指数を構成する10業種では、一般消費財の指数が最も上昇した。ブラジル中銀は18日の金融政策委員会で4会合連続で政策金利を引き下げて10.5%としたが、政策当局者は10%を下回る水準に利下げする「公算が高い」との見方を示した。

ブラジル株:8営業日続伸-追加利下げ示唆で住宅建設株に買い - Bloomberg

2012年2月。米株市場調整局面入り?

昨年の終わりからギリシャ危機にひきづられて落ちていったりはっきりしない他国の株式市場を尻目に上がり続けてきたアメリカNY市場の株価がそろそろ調整局面にはいるのではないかとの見方。1月26日の株価が反落したためらしい。ちなみに、すごい勢いで最近上がってきたブラジルの株価は、アメリカの株価の反落にも引きずられずに、26日も0.75%の上げ。さて、やはりブラジルへの投資を増やした方がよいのかな。

26日の米国株式市場は反落。2011年末から続いた株高基調は失速しつつあり、今後は調整局面入りする可能性があるとの指摘が聞かれた。

ダウ工業株30種.DJIは22.33ドル(0.18%)安の1万2734.63ドル。

ナスダック総合指数.IXICは13.03ポイント(0.46%)安の2805.28。

S&P総合500種.SPXは7.60ポイント(0.57%)安の1318.45。

米株市場は反落、調整局面入りする可能性も | Reuters

ブラジル株。いまが投資の時期として適当かも・・・・。

久しぶりの6万ポイントを回復したブラジルボベスパ市場の指数。さらにその後も上がっており、62000ポイントにも達した。この値は実に半年ぶりの値になる。本日発表のカナダの指数も予想を上回るものであったので、この傾向はホンモノかもとかおもってしまう。ブラジルには日本と違って動かせる金利が大きいのも大きいし、大統領がかわってから地道にやっているのも大きい。これまで、何度もトライしてダメだった6万台を回復したのはやはり、ブラジル投資再開のサインと考えていいのかも。とか思う。

16-20日のブラジル株式市場では、主要株価指数であるボベスパ指数が大台の6万ポイントを回復して一段高となった。同指数は20日に一時6万2312.13ポイントまで上昇して11年7月7日以来の高値を付けた。終値では、週間ベースで5.4%上昇した。
17日には、中国の11年10-12月期実質GDP(国内総生産)が市場予想より上ブレし、中国を主要な貿易相手国とするブラジルの株式が買われた。18日は、ブラジル中央銀行による追加利下げへの期待からボベスパ指数は一段と上昇。さらに、IMF(国際通貨基金)が欧州債務危機の拡大に対応するため融資能力を拡大する方針を示し、投資家のリスク選好が強まったことも同指数を押し上げた。
日本時間19日早朝、ブラジル中銀はCOPOM(金融政策審議会)の結果を発表し、政策金利を市場予想通り0.5%引き下げて10.5%とした。声明文で引き続き金融緩和を実施するスタンスを示したことから、ブラジル株式は騰勢を維持。同日実施されたスペイン国債入札の好調な結果や米国株式の上昇を受けて投資家のリスク許容度が一段と改善したこともあって、同国株式には引き続き上昇圧力がかかった。20日には、ブラジルの地元紙で、ルセフ大統領は12年中に政策金利が9.5%まで引き下げられることを望んでいると報じられ、株高につながった。
前週にボベスパ指数の構成銘柄では、値上がり率上位にハイパーマルカス(消費)、MRVエンゲンハリア(不動産)、MMXミネラサオ・イ・メタリコス(鉄鉱)がランクイン。一方、値下がり率上位はサンパウロ送電(電力)、エレトロパウロ・メトロポリターナ(電力)、ライト(電力)となった。
前週にボベスパ指数が6万ポイントの大台を回復したことから、今週は同水準を維持できるかが焦点となろう。6万ポイント近辺で何度も上値を抑えられてきたため、同水準を上回って底堅く推移すれば、6万ポイントが今度は下値支持線として意識されるようになるとみられる。
国内要因では、26日に公表される金融政策決定会合の議事録(17-18日開催分)が重要。ハト派的な内容となれば同国株式のさらなる下支え要因になるとみる。ただ、市場の一部では中銀が次回3月の会合で追加利下げを実施したあとに据え置きに転じるとの見方もあるため、議事録の内容を受けて金利先安観が後退すれば株安材料となろう。

<EMeye>16-20日のボベスパ指数は6万ポイントの大台回復、中国指標やブラジルの利下げが支援/新興国ニュース/(投資信託ニュース)モーニングスター

ブラジルの勢い。格付けがさらに上がる

ギリシャ危機以降、最近ではその株価の上昇が著しいブラジルだが、どうやら格付け会社はさらに信用格付けを上げることを検討しているという。それでブラジルの株価が上がれば万々歳!!

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、世界的な動向が明らかになれば年末にかけてブラジルの信用格付けを再検討する可能性がある。シニアアナリストのマウロ・レオス氏が明らかにした。

現時点では、欧州債務危機とブラジルへの影響が不透明なことから、格付けの再検討を見合わせている。

レオス氏はブラジル米国商業会議所の会合で「世界情勢をめぐる不透明感が強く今後の展開も見極められないため、今年前半は格付け変更などは行わないと思う。措置を講じるとすれば下半期、それも年末に近い時期となるだろう」と述べた。

ブラジル格付け、年内に再検討の可能性=ムーディーズ | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters

Index of all entries

世界の株価チャートとリアルタイム情報

Search
Feeds

Return to page top